受験・就活

内定の辞退はどうしたらいい?~内定承諾書を出す前に~

管理人のるあせすです。

代用くん
代用くん
内定貰ったから承諾書を出すわ。
るあせす
るあせす
しっかりと考えてから提出した方が良いよ。

内定承諾書って何?

内定承諾書とは、就職活動で企業の選考を通過し内定を貰った学生が、その企業に入社することを約束しますという書類のことです。

要は、企業が学生に対して「本当にうちにきてくれるならこれを出してね」という意思確認を見ています。提出期限が定められているので、書面に記載されてる内容をしっかり確認してから提出するように。

内定承諾書提出後の辞退は?

セカンド
セカンド
内定承諾書出しちゃったけど、辞退出来るの?

安心してください、内定承諾書を提出してても辞退は出来ます。内定承諾書には法的拘束力はありません。また、私たちには職業選択の自由がありますので、企業が個人を縛り付けるようなことは出来ません。

しかし、内定承諾書を提出した企業側に多大なる迷惑を被ることになりますので、内定辞退の連絡にはそれ相応の覚悟が必要です。採用活動は時間や経費などが掛かっています。本来の業務もある中で採用活動をしてくれていることを忘れてはいけません。

また、大学の評判にも関わることも忘れてはいけません。将来、自分の後輩がその企業に就職したいときに迷惑を被ることだってあるかもしれませんので注意をしておいてください。

基本的に、内定通知書と内定承諾書はセットになって郵送されてきます。内定承諾書の前に辞退の連絡をした方がまだ丁寧だと思いますので、真剣に考えて提出するようにしましょう。

内定辞退の連絡は早めにすること!

内定辞退に違法性はありません。以下は民法627条1項に記載されている内容です。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法627条1項

正式入社が4月1日であれば、その2週間前であれば内定辞退の連絡は有効であるということです。しかし、実際にはこんなに遅く連絡する人は見たことがありません(例外はあると思いますが)。むしろ、企業側からしたらかなりの大迷惑です。

大抵、内定を貰ったら入社するかしないかを決める猶予期間(大体2~3週間程)があります。その期間の間に結論を企業側に伝える必要があるので、このような状況になることはまずないでしょう。

どちらにしても、内定辞退を考えているなら早めに連絡しておくのが吉です。
私も何社か内定を頂きましたが、早めに辞退の連絡をしたのでトラブルもなく就活を終えることが出来ました。辞退の連絡は緊張しますが、キチンとした手順と早めに行動すれば問題ないので、しっかりと考えて結論を出しましょう。

内定辞退の連絡は電話で

私も何度か内定辞退の連絡をしましたが、メールではなく電話で伝えました。というのも、企業側に謝罪を言うのは直接伝えた方が良いからです。

逆に直接会うのは避けた方がいいです。無いと思いますがトラブルになることもありますのでやめた方が良いです。

電話で連絡した際の内容は「名乗る」→「内定頂いたことに対してお礼を言う」→「内定辞退のことを伝える」→「理由を言う」→「謝罪」という流れで連絡しました。

理由を言う場合は、嘘をつくのではなく正直に理由を言う方が相手に伝わります。馬鹿正直に、給料面や待遇については言わないようにしてください。面倒なことに繋がりますので注意してください。

トラブルになったらどうしたらいい?

滅多に聞きませんが、内定辞退の際にトラブルになる場合があります(違約金の請求や罵倒・嫌味など言われることも)。

そんなこと言う企業はそもそもお察し状態ですが、労働基準法第16条には、

使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

引用:労働基準法第16条

とありますので、何も違法性はありません。

まとめ

内定承諾書についてから内定辞退の方法までまとめてみました。

しっかり誠意を持って相手に伝えることが出来れば何も問題はありません。ただし、企業側も時間や費用を掛けて採用試験をしているわけですから、内定承諾書を提出する前に本当に内定先はそこで良いのか真剣に考える必要があります(断るのも大変ですからね)。

内定先は多い方が気持ち的にも安心ですが、内定先は一つしか決めれません。後悔しないためにも納得のいく内定先を決めて社会人を迎えられるよう頑張りましょう。